island
  1. HOME
  2. インドネシアの島々
  3. スマトラ島の魅力

スマトラ島の魅力Summary of Sumatera

昔々スマトラ島の首都パレンバンを中心に世界の西方のインドにアラブ、そしてヨーロッパ、東方は中国に日本などを行き来する中継地で貿易などで栄え、昨今そのマラッカ海峡では石油タンカーまでをも襲う海賊が出没し、島の大きさでは世界の6位です。

リングオブファイヤー(環太平洋火山帯)の一部であり、7万年前に当時100万人ほど居たとされる人類が1万人まで減少した世界でも最大級の大噴火が起こりました。その時に出来た世界最大のカルデラのトバ湖があり、2011年にユネスコ世界遺産にスマトラの熱帯雨林遺産が危機遺産として登録もされました。

スマトラの森には、オランウータンをはじめトラや、ゾウなど野生動物の宝庫です。危機遺産になっている自体、現在は密猟、違法伐採、農地拡大などが著しく、野生動物にとって生息くしづらい環境になっているということですね。ちょっと残念ですが、その現場を直に足を運んで感じてもらいたいものです。 真に何が残念なのか?考えるきっかけになると思います。

貿易などで行き交うマラッカ海峡があるスマトラ島東部とは対照的に、インド洋に面したスマトラ西部では貿易など(お金)経済の流れが疎かったこともあり、今も原始的で自然を重んじる生活をしている部族が息づいています。 又世界的にスマトラ島はコーヒーの生産が有名です。 

【個人的にスマトラ島のお勧め!】

1.オランウータンが息づくグヌンレーセル国立公園

オランウータン探しの旅で訪れる国立公園ですが、空港から車で4時間掛かる。オランウータンの他に7種類の霊長類やゾウなどが息づく森のある公園ですが、空港からの移動中では原生林ではなく、僕たちが生活で必要としているパームオイルのプランテーション畑が続きます。いろんな意味で勉強させられ考えさせられる場所です。

2.メダン

メダンはスマトラ島最大の都市でオランダ時代の歴史的建造物が残っていて、大正ロマン風の街並みが魅力的です。スマトラ島のバタックやマンダイリン民族、マレー、インドや中国の影響も受けていてグルメ的にも面白い街。

インドネシアの島々

冒険時の注意事項

観光客が集わないごく普通で日常な所こそ、その土地本来のカラーが見える気がします。僕らは彼らからしたら外来生物のようなものです。僕らが立ち寄ることで、何かわかりませんが、今まであったその土地にあるバランスを崩してしまいかねません。

そこで守ってもらいたいことが幾つかあります

  1. 絶対にその土地、その人たちに対して、お邪魔します。失礼するという気持ちを持つこと
  2. 何が起こるかわからないからこそ面白い。そんなワクワクした冒険を一緒にしたいものです。どんなことが起こったとしても、ポジティブに考えられる人
  3. 無理をしないけど、挑戦してみることも 人生何事もアクション! 少しだけでもチャレンジ精神がある人 僕も含め身の丈10cmを目指します 
  4. 全ての行動を自分の責任の下で冒険できる人
  5. よって海外旅行傷害保険に加入している人

他にも記述しなければいけない約束事は考えれば山のようにありますが、自分で考え行動しながら、一緒に冒険できる そんな企画を目指したいと思います。

© 000000000000 All Rights Reserved.