1. HOME
  2. ツアー
  3. 【バリ島】キッズホームステイ・プログラム

【バリ島】キッズホームステイ・プログラム

  • Category
  • /
  • 子供向け
  • 家族向け
  • Tags
  • /
  • エクスプローラーバリ
  • バリ島
  • ホームステイ
人 数 1名様〜 料 金 基本料金US$500+US$150x日数
ガイド 尾島、今井、ウィルソン&ホストファミリー

体力度:★★☆  DEEP度:★★★
ひとり旅:★★★  カップル:☆☆☆  ご家族:☆☆☆

プログラムに申し込む
目次

【冒険内容】どんな冒険?

世界有数のリゾート地でありながら、住む人々は素朴で優しい。笑顔が多い家族と一緒に過ごし、日本とは違う習慣、文化、言語を体験してもらいます。環境、習慣、文化の違う人達とひとつ屋根の下で寝床を一緒にしながら、共同作業でテントを立てたり、食器を洗ったり。その中から協調性を身に着けながら自己主張が出来るようになったと我ながらに思います。

【ガイド紹介】僕らがガイドします!

尾島 圭吾
一言コメント
尾島 圭吾
土地の言語が話せないとコミュニケーション出来ない。というより、一番はお互いが伝えたい、理解したい気持ちが大事なんだって気付け、自然と遊びながら気付いたら自然から沢山学んでたって思って貰えたら嬉しいです。

バリ倶楽部のアシスタントスタッフになって、ツアーに同行しながらスタッフ家族にホームスティ。シュノーケリングやスタンドアップパドルをしながら自然と遊び、時にマングローブの森の説明をしたり、自然の凄さや偉大さなどに気付き、又お客さんに写真を撮ったり、食事をお出ししたりと、与えられるサービスでなく、サービスする側から周りの状況判断など視野の広さを持つ大事さに気付いて貰えたら嬉しいです。

後半は日本語、英語が通じない、ガチガチの本場のバリ家族でホームスティを体験もあるかもしれません。そこで僕らが介さず直接地元の人たちとの交流を通じながら、家族や友達との絆や、有難うという気持ちを口で教わるのでなく、肌で持って気付き、学んで貰えたら最高です。日本に戻ってから同じ言語で話せる友達、家族とのコミュニケーションも相手の気持ちを感じ取ることがいかに大事なんだって気が付いてくれたら最高ですね!
ガイド紹介詳細ページはこちら!プログラムに申し込む

【ホストファミリー紹介】

1. ウィルソン

バリ倶楽部のオペレーションマネージャー

一緒に出来るであろうこと:バリ倶楽部のアシスタント、バリ倶楽部のツアー体験、ドライブ。
家族構成:奥さん、お姉ちゃんのルース(16歳)、兄ウチョック(11歳)、弟ティオ(9才)。 
ウィルソンはOJIエクスプローラーの姉妹店、バリ倶楽部のマネージャーでスタッフの兄貴分的存在。信頼が厚く、子供にも好かれる存在であり、もちろん子供好き。 朝ウィルソンと一緒に車に乗ってお客さんのいるホテルへピックアップ。おはようございますなど挨拶が出来るように、そしてツアーに同行して様々なツアーを体験しながらシュノーケリングなど自然に触れることで自然の面白さや素晴らしさなども知ってもらえ思います。

2. バラさん

クタビーチで海の家を経営

家族構成は奥さんとベラ(22歳)、エリス(19歳)、ラジュ(16歳)、レオ(11歳)。
一緒に出来るであろうこと:日本語は通じないので、コミュニケーション能力の向上、サーフィン、砂遊び、ビーチサッカー、フリスビー、海の家のお手伝い、小学校の体験入学、バリヒンズー教の祭事体験。

バラさんは寡黙だけどとても優しく時に怖い。昭和のお父さん、そんなイメージです。子供たちはそんなお父さんが大好きで、ビーチでサーフィンや砂遊び、サッカーにフリスビーなどあらゆる海遊びをバラさんの子供たちがお金が無くても自然と一緒に遊ぶことを教えてくれます。奥さんは地元小学校の先生で、時に小学校の授業に参加させてもらうチャンスもあります。長男のラジュ君は16歳、今後インドネシア代表を担う若きプロサーファーで世界を股に掛け、次男のレオ君11歳は自然遊びの達人で、時間があれば絵を描くアーティストです。 

ギャラリーはこちら

料金&インフォ

料 金
日 程 7泊~、ご希望に応じて
人 数 1名様〜4名様まで
料 金 サービス料US$500+ US$150x日数
ガイド 尾島、今井、ウィルソン&ホストファミリー
お問合せ〜当日までの流れ
  1. 3週間前までにメールまたはLINEでお問合わせ、大まかな内容やスケジュールをご相談。尾島が対応します。
  2. 1週間前までにツアー料金をお支払い。お支払い後、ご予約確定となります。
  3. バリ島へご出発
  4. ツアー当日、ご宿泊のホテルにお迎え
  5. ツアー終了後、ホテルにお送り
プログラムに申し込む

スケジュール

大まかなスケジュール例です。お客様のご希望や当日の状況によります。

1日目 空港お迎え、ホストファミリーへ直行
2日目 バリ倶楽部のツアーを参加。シュノーケリングやスタンドアップパドルのネーチャー体験
3日目 バリ倶楽部のアシスタントスタッフを体験!基本的な挨拶など働くという意味を学ぶ
4日目 バリ島文化体験、バリ舞踊を習ったり、地元の子と遊んだり。
5日目 サーフィングや海遊び体験
6日目 地元の学校で授業体験
7日目 帰国

みんなの冒険

2週間ホームステイしたジンタくんの場合

・参加日:2016年7月28~8月10日
・名前:ジンタくん(11歳)男の子
・旅行タイプ:一人旅
・ガイド:尾島

【ジンタ君のお母さんのコメント】

尾島さん
ありがとうございます。
空港からの帰宅道中、沢山、話聞きました。
感謝で一杯です。

『オジが〜…ケンが〜…ウジョックは〜…ティオは〜…』
と、皆んな優しい国で良い所やったよ!と。
日本とは違うイヤな事は面白おかしく、私に笑いをとりながら話すジンタ。
今日は何するんかな〜っていつも楽しみにしてたらしいです。
春休みに韓国へ行った時よりは明らかに前向きに挑んだのではないかと感じてます。
それだけで私は充分です。

今回の旅に振り返る時があると思います。
その時、又チャンスあればお願いしたいです。
尾島さん今井さんはじめ、バリの多くの皆様に感謝‼‼‼
ありがとうございました。

甚太楽し過ぎたらしく、話が止まりません。
今から続き 聞きます✌

2週間ホームステイしたタケルくんの場合

・参加日:2016年7月28~8月10日
・名前:タケルくん(11歳)男の子
・旅行タイプ:一人旅
・ガイド:尾島

【タケルくんのお母さんのコメント】

尾島さん、今井さん、2週間本当にお世話になりました❗

ホストファミリー含め尾島さん達が、二人が充実した2週間を過ごせるように、心と身体の両面にものすごく配慮してくださったこと、安全を確保しつつ距離をとり二人の体験を見守ってくださったこと、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

タケルは、予想通り多くを語りませんが、暖かいお風呂の気持ち良さに気づいたようです。

本人曰く、吐いたときはしんどかったけどそれ以外は楽しかったとのこと。

タケルはスタンドアップパドルが一番オススメって言ってました~✨

2週間の経験は言葉以上に心と身体に染み込んで、これからのタケルを支えてくれると思います❗

今日はゆっくりお風呂に入って、餃子を食べて、ゲームしてお布団に入りました。

もし、これに懲りずにキッズプログラム継続していただけるなら、下の子も行かせたいのでその時はまたよろしくお願いします

何を言っても足りませんが、二人の貴重な体験を支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました❗

プログラムに申し込む

インドネシアの島々

冒険時の注意事項

観光客が集わないごく普通で日常な所こそ、その土地本来のカラーが見える気がします。僕らは彼らからしたら外来生物のようなものです。僕らが立ち寄ることで、何かわかりませんが、今まであったその土地にあるバランスを崩してしまいかねません。

そこで守ってもらいたいことが幾つかあります

  1. 絶対にその土地、その人たちに対して、お邪魔します。失礼するという気持ちを持つこと
  2. 何が起こるかわからないからこそ面白い。そんなワクワクした冒険を一緒にしたいものです。どんなことが起こったとしても、ポジティブに考えられる人
  3. 無理をしないけど、挑戦してみることも 人生何事もアクション! 少しだけでもチャレンジ精神がある人 僕も含め身の丈10cmを目指します 
  4. 全ての行動を自分の責任の下で冒険できる人
  5. よって海外旅行傷害保険に加入している人

他にも記述しなければいけない約束事は考えれば山のようにありますが、自分で考え行動しながら、一緒に冒険できる そんな企画を目指したいと思います。

© 000000000000 All Rights Reserved.