VOICE
  1. HOME
  2. お客様の声
  3. コモドドラゴン探し&インドネシアのマチュピチュに泊まる旅

コモドドラゴン探し&インドネシアのマチュピチュに泊まる旅

  • Category
  • /
  • 【コモド島】カヤックで島巡り、コモドドラゴン探し&インドネシアのマチュピチュで泊まる旅
  • Tags
  • /
  • インドネシア
  • カヤック
  • キャンプ
  • コモドドラゴン
  • コモド島
  • サンゴ礁
  • シュノーケリング
  • トレッキング
  • フローレス島
  • マンタ
  • ワエレボ

2018年7月1~6日にご参加していただいたタカシゲさんとやすみさん。木造船でコモド国立公園へ行きコモドドラゴン探し、カヤックで無人島までいってビーチでキャンプ。素晴らしいサンゴ礁の海でシュノーケリング、マンタと一緒にシュノーケリング。インドネシアのマチュピチュといわれるワエレボ村までトレッキングして泊めてもらう。内容の濃い5泊6日の旅でした。

プログラム概要

参加料金:一人 US$1400
期間:5泊6日
年齢:40代の男女
場所:コモド島、フローレス島、リンチャ島、無人島
ツアー:【コモド島】カヤックで島巡り、コモドドラゴン探し&インドネシアのマチュピチュで泊まる旅
海外旅行傷害保険は含まれておりません。

今回のテーマ

①コモド国立公園でコモド探しの旅
②カヤックで島巡り
③綺麗なサンゴ礁の海でシュノーケリング
④マンタと出会うシュノーケリング
⑤インドネシアのマチュピチュ、ワエレボ村へ行き宿泊する。村の文化や歴史、人々と触れ合う。
⑥綺麗なビーチリゾートでゆっくりする。

こんな体験をしました

こんな体験をしました
  1. 弊社の尾島、さすけとバリ島で集合
  2. 翌日、コモド国立公園の玄関口フローレス島のラブアンバジョまで飛行機で1時間半
  3. 木造船へのり、コモド国立公園へ2泊3日の旅へ
  4. カヤック、シュノーケリング、トレッキング
  5. 翌日はコモド探しのトレッキング
  6. コモドドラゴンと出会い、今度はマンタと出会うシュノーケリングも
  7. 無人島のビーチでキャンプ
  8. ラブアンバジョまで戻って、翌日はインドネシアのマチュピチュ、ワエレボ村へ
  9. お昼に山の麓に到着、ワエレボ村へトレッキング
  10. 村に到着し部族長に許可を得て、村の歴史、文化、人々と触れ合う
  11. 翌日、ラブアンバジョに戻り、ビーチリゾートでゆったり過ごす
  12. 最終日はゆっくり過ごして、夕方にバリ島へ戻る

お客様からのコメント

タカシゲさんより

トレッキングで山を、シュノーケリング&カヤックで海を満喫、そして文化も触れられて今まで参加したパッケージツアーでは味わう事ができないとても充実・大満足な体験でした!


次回も開があれば参加したいと思います。
スタッフの皆さんありがとうございました‼

やすみさんより

ラッキーにも大きいドラゴンに出会えた!!
シュノーケルで大きなマンタも見れた〜
そして島に上陸してキャンプ泊 魚がおいしかった!

とっても楽しかった夏休みが終わってしまいました。

普段と違って生き物としての"人"を感じ、普段の恵まれた環境をひしひし感じる1週間でした。
・日の出前に起きて21時には就寝
・ご飯は体力を維持してパワーを出すために食べる(おいしかった)
・シャワーからたくさんのお湯が出て、シャンプーや石鹸使って洗える幸せ(お湯でない、チョロチョロしかでない、シャワーない毎日)
・日本のトイレはペーパー流せて、水洗で何回も流せるなんてすごい
・生野菜サラダが普通に食べれる

そして一緒に旅したみんな楽しくていいメンバーだった。ほんと感謝です!
あー、ほんと楽しかった!!

僕から見た今回の旅

タカシゲ&ヤスミ 
今回冒険に参加してくれてありがとう!
出発直前アグン山の噴火による火山灰の影響で空港閉鎖で、一時冒険を断念せざるおえないと思ったけど、天が味方してくれ予定通り出発が出来た時は既に冒険が始まてたね(笑)
綺麗な海をボートで過ごしカヤックで島々を巡ったり、ドラゴンに出会ったり、夜空を眺め、本当夢のようだった。 後半の旅もハプニングの連続でハラハラドキドキしながら、何とか皆のポジティブな気持ちと、素晴らしい決断力でほぼ日程通りに回ることが出来たのも忘れられない旅になった気がする。 また一緒に冒険しような!!

こんな冒険をしたい方はこちらへ

【コモド島】カヤックで島巡り、コモドドラゴン探し&インドネシアのマチュピチュで泊まる旅

プログラムに申し込む

インドネシアの島々

冒険時の注意事項

観光客が集わないごく普通で日常な所こそ、その土地本来のカラーが見える気がします。僕らは彼らからしたら外来生物のようなものです。僕らが立ち寄ることで、何かわかりませんが、今まであったその土地にあるバランスを崩してしまいかねません。

そこで守ってもらいたいことが幾つかあります

  1. 絶対にその土地、その人たちに対して、お邪魔します。失礼するという気持ちを持つこと
  2. 何が起こるかわからないからこそ面白い。そんなワクワクした冒険を一緒にしたいものです。どんなことが起こったとしても、ポジティブに考えられる人
  3. 無理をしないけど、挑戦してみることも 人生何事もアクション! 少しだけでもチャレンジ精神がある人 僕も含め身の丈10cmを目指します 
  4. 全ての行動を自分の責任の下で冒険できる人
  5. よって海外旅行傷害保険に加入している人

他にも記述しなければいけない約束事は考えれば山のようにありますが、自分で考え行動しながら、一緒に冒険できる そんな企画を目指したいと思います。

© 000000000000 All Rights Reserved.