1. HOME
  2. ツアー
  3. 【スラウェシ島】シーラカンスの海で泳ぎ、4つ牙のイノシシと手乗りサル探しの旅

【スラウェシ島】シーラカンスの海で泳ぎ、4つ牙のイノシシと手乗りサル探しの旅

  • Category
  • /
  • 大人向け
  • 家族向け
  • Tags
  • /
  • クロザル
  • シュノーケリング
  • シーラカンス
  • スラウェシ
  • スラウェシ島
  • バビルサ
  • 手乗りサル
人 数 1名様〜 料 金 4泊5日 US$1620〜 
ガイド 尾島

体力度:★★☆  DEEP度:★★★
ひとり旅:★★☆  カップル:★★☆  ご家族:★☆☆

プログラムに申し込む
目次

【冒険内容】どんな冒険?

アジア陸塊とオーストラリアの陸塊、そして太平洋の海洋島どうしがぶつかって出来た島とされ、スラウェシ島の動物はサルも有袋類のクスクスが同じ森に息づき、鳥なのにウミガメみたいに卵をビーチに穴を掘って埋めて温めたり、4つの牙を持つイノシシ、見た目がいかにも狂暴そうな真っ黒なサル等、固有種の宝庫な島です。摩訶不思議でへんてこりんな動物探しへジャングルトレッキング。最後はシーラカンスが息づく海洋公園でシュノーケリング。そんな冒険一緒にしませんか?

【ガイド紹介】僕らがガイドします!

尾島 圭吾
一言コメント
尾島 圭吾
動物園でなく、この森に生き、アジアと太平洋とオーストラリアの陸塊が合体してできた島だからこそ、その島にのみ生息する面白い動物を見つけましょう。
ガイド紹介詳細ページはこちら!プログラムに申し込む

【旅紹介】主なみどころ

1. シーラカンス

シーラカンス博物館を見学。シーラカンスは見つけられませんが、今まで捕獲された所は世界でたった3か所です。その一つの海は現在、海洋公園となっていて素晴らしい熱帯の海です。その海でシュノーケリング楽しみましょう。

2. クロザル

獰猛そうな表情ですが可愛いクロザル。ジャングルの中にカメラを設置したところ、クロザルのセルフィー画が100枚ほど撮られていたという事実があり、おちゃめな部分も。

3. アカコブサイチョウ

熱帯のイメージにぴったりなカラフルな大鳥アカコブサイチョウ。

4. バビルサ

4つの牙を持つイノシシ、バビルサ。世界中ココにしかいない不思議な野生動物を森の中で探しましょう。

5. 手乗り猿

フクロウのようなメガネザル。手のひらに乗るくらいとても小さくて可愛い。

ギャラリーはこちら

料金&インフォ

料 金
日程 4泊5日、日程はご希望に合わせます
人数 1名様〜
料金 4泊5日 US$1620〜
ガイド 尾島
お問合せ〜当日までの流れ
  1. 3週間前までにメールまたはLINEでお問合わせ、大まかな内容やスケジュールをご相談。尾島が対応します。
  2. 1週間前までにツアー料金をお支払い。お支払い後、ご予約確定となります。
  3. バリ島へご出発
  4. バリ島で集合、スラウェシ島へ
  5. ツアー終了後、バリ島に戻り解散
プログラムに申し込む

スケジュール

大まかなスケジュール例です。お客様のご希望や当日の状況によります。

1日目 タンココ国立公園近くのゲストハウス泊 バリ島から飛行機でスラウェシ島北東部のマナドへ移動。マナド到着後、車で2時間にあるタンココ国立公園近くの宿にチェックイン。手乗りザルのタルシウス探しへ夕方からジャングルトレッキング。
2日目 ゴロンタロ泊 朝、国立公園のジャングルトレッキング。不思議な動物たちと出会う。昼食後はマナドに移動し、シーラカンス博物館を見学。ゴロンタロへ飛行機で移動。
3日目 マナド泊 早朝、森へ行き、4つの牙を持つイノシシ(バビルサ)を探しがスタート。夕方はゴロンタロの街に到着しマナドに飛行機で移動。
4日目 マナド泊 朝シーラカンスが捕獲されたマナドトゥア国立公園でシュノーケリング。
5日目 マナドからバリ島またはジャカルタへ、冒険終了。

みんなの冒険

尾島の1人冒険!

・参加日:2016年12月27~1月5日
・名前:尾島(40代)男性
・旅行タイプ:一人旅
・ガイド:尾島

【尾島のコメント】

固有種の宝庫で不思議な動物達、生きる化石のシーラカンス等、驚きの連続で魅力が詰まったスラウェシ島。私生活でとても恩恵を受けている、車にファーストフード、携帯電話等、物が行き交い、どこも便利でグローバル経済が勢いを増すのこの時代、一方で元々古来の伝統風習、ジャングルの大自然が猛烈な勢いで薄れ、消失している気がします。だからこそ、未だ残る本物を一緒に自分の目や肌で感じに一緒に冒険しませんか……

プログラムに申し込む

インドネシアの島々

冒険時の注意事項

観光客が集わないごく普通で日常な所こそ、その土地本来のカラーが見える気がします。僕らは彼らからしたら外来生物のようなものです。僕らが立ち寄ることで、何かわかりませんが、今まであったその土地にあるバランスを崩してしまいかねません。

そこで守ってもらいたいことが幾つかあります

  1. 絶対にその土地、その人たちに対して、お邪魔します。失礼するという気持ちを持つこと
  2. 何が起こるかわからないからこそ面白い。そんなワクワクした冒険を一緒にしたいものです。どんなことが起こったとしても、ポジティブに考えられる人
  3. 無理をしないけど、挑戦してみることも 人生何事もアクション! 少しだけでもチャレンジ精神がある人 僕も含め身の丈10cmを目指します 
  4. 全ての行動を自分の責任の下で冒険できる人
  5. よって海外旅行傷害保険に加入している人

他にも記述しなければいけない約束事は考えれば山のようにありますが、自分で考え行動しながら、一緒に冒険できる そんな企画を目指したいと思います。

© 000000000000 All Rights Reserved.