BLOG
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 【ウォーレシアの世界】多様性に満ちた最後の秘境

【ウォーレシアの世界】多様性に満ちた最後の秘境

  • 冒険
  • 生き物

【ウォーレシアの世界】多様性に満ちた最後の秘境

2020.07.10OJI

  • Category
  • /
  • 冒険
  • 生き物

こんにちわ 尾島(@oji_explorer) です

今回はインドネシアにある多様性に満ちた最後の秘境とも呼ばれる不思議な動物が息づくウォーレシアについて紹介します。

まずウォーレシアってどこ?

ウォレス線とワラセア

一言でいえば、アジアとオーストラリアの自然が交わるエリアのことです。

ダーウィンに消された男が境界線ウォーレス線を提唱

【進化論といえばダーウィン】が有名ですが、彼と同じ時代にアジアとオーストラリアに挟まれたマレー諸島でフィールド調査をしたイギリスの博物学者であり生物学者、そして探検家に人類学者に地理学者であるアルフレッド・ラッセル・ウォレスが、アジアとオーストラリアの自然分布境界線になるウォーレス線を特定しました。

ウォレスはウォーレシアにあるテルナテ島から、イギリスのダーウィンに宛てた一通の手紙の内容が、ダーウィンが長年温め続けてた内容がほぼ同じだったのです。そこでダーウィンは彼に遅れまいと急いで【種の起源】を完成させ、世に発表したことでダーウィンになれなかった男、ダーウィンに消された男ともいわれてます。

ウォレスについて別の機会でまた紹介したいと思います。

こうしてウォーレシアは出来上がった

スンダとサフル大陸の地図

ウィキペディア[サフル大陸より]引用

これは紀元前7万年~1.4万年前にあたる最終氷河期の頃の地図です。
東南アジアとオーストラリアが大きな2つの大陸に分かれています。

氷河期で陸続きだった理由

氷河期になると海水面が下がります。

太陽の熱で海の水を熱して水分の含んだ風が発生。やがて上昇気流となり、上空で冷やされて雨になります。その水はやがて集まり川となり、最後は海に戻ります。

ウィキペディア[水循環より]引用

氷河期は雪や氷として陸地に留まるため、水は海に戻らず、世界中の海面は平均で120mも下がったと言われてます。このようにして浅瀬にあった島と島が繋がり、東南アジアの全域がスンダ大陸、オーストラリアとニューギニアが繋がってサフル大陸ができました。

スンダ大陸とサフル大陸の間にウォーレシア

スンダ大陸の東の端がバリ島です。大昔はバリ島周辺までトラやゾウも闊歩していたのでしょうね。実に絶滅しまいましたが昔はバリ島の隣のジャワ島に野生の象や、1940年頃までバリ固有のトラもいたんですよ。一方でサフル大陸の一部のニューギニアにはキノボリカンガルーにワラビーにヒクイドリが今も生息しています。

そのスンダ大陸とサフル大陸の間にある、大陸と繋がらなかった島々こそがウォーレシアです。

お勧めするウォーレシアの2島

スラウェシ島

スラウェシ島の地図

ウォーレシアの中央に位置するスラウェシ島は、アジアとオーストラリアの一部が合体して出来たと言われ、98%もの陸生哺乳類が固有種という不思議動物の宝庫です。アジアに居そうにないクロザルをはじめ、オーストラリアにいる有袋類のクスクスも生息し、魔獣のようでジブリ映画で出てきそうな4牙のイノシシのバビルサや、ウミガメと同様にビーチの砂浜の熱で卵を温めるマレオバードなど固有種のオンパレード。へんてこりんな動物のだらけで動物好きなら一度は訪れることを強くお勧めです。

画像をもちいてスラウェシ島の動物を3種類紹介していきましょう

クロザル

スラウェシ島のクロザル

モヒカンスタイルで強面ですが、とても温厚な性格のサル。スラウェシ島にのみ7種類のクロザルが生息し、全てが固有種。不思議なことに7種類とも別の系統だと言われています。

バビルサ

ビジュアル的に4本の牙が見るからに強そうな持ち主。現地の言葉でバビはブタで、ルサはシカという意味で、伸びた牙が自分の突き刺さりそうなことから、自分の死を見つめる動物とも言われてます。一度に1~2頭の子しか産まれず、生息地が限られ、食用として闇取引されることから生息数が減少しています。

マレオ

スラウェシ島にいるマレオ

何の変哲もない鳥ですが育児放棄をした鳥マレオです。温泉が出る土地や海辺など温かいエリアに、ゆで卵にならない適した温度の深さまで掘って卵を産み落とします。抱卵せず地熱で羽化する不思議な鳥です。羽化した雛は親鳥はいませんから、自分で生きていくため、もう飛び立つことが出来ると言われてます。

スラウェシ島にいるマレオバードの巣穴

マレオが掘った大人も入れそうなほど大きな穴

スラウェシ島の旅の詳細に参考にどうぞ

【スラウェシ島】4牙イノシシのバビルサと不思議動物を探すウォーレシアの旅

コモド諸島

世界遺産コモド諸島をボートで巡る

世界最大のトカゲのコモドドラゴンが息づくコモド諸島は、1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。

トレッキングでコモドドラゴンに出会うだけでも十分なインパクトがありますね。

コモド諸島でシュノーケリング

海中も素晴らしく、マンタやサンゴ礁でシュノーケリングをしたり、朝から夜まで自然を満喫できる船旅はお勧めです。

コモドドラゴン

全長が3m以上で世界最大のトカゲはまさに恐竜レベルです。のしのし歩く大きな図体で、よく狩りが出来るものだと感心しますが、コモドドラゴンの唾液は血を凝固させず、失血させてショック状態にする毒を持っており、長い時間を掛けて獲物をしとめます。

コモド諸島の旅の詳細はこちらです 参考にどうぞ

インドネシアコモド諸島を巡る船

まとめ

今回はウォーレシアについてと、お勧めする島を2島紹介しましたが、いかがでしたか?
西の端がインドで東の端がオーストラリアというインドネシア にあるウォーレシアは、東洋のガラパゴスとも呼ばれています。

手つかずで多様な自然だけでなく、いまだ古来の風習が息づき自然と生きる人がこのウォーレシアの島々に住んでいます。現代の流れと、昔ながらの生き方との狭間にいる彼らから話を聞くことで驚き、考えさせられることも多々あり勉強させられます。  あらゆる情報が得られる時代ですが、ぜひウォーレシアの旅を一緒に冒険してみましょう!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

関連記事

  • キッズホームステイ

【バリ島でホームスティ】3人の女の子の2週間の旅をサポート

2018.10.05OJI

こんにちわ Ojiです。 今年は沖縄から3人の女の子がバリ島で2週間ホームスティをしにきてくれました。 キッズホームステイの内容 バリ倶楽部のお手伝い 前半はバリ倶楽部のお……

  • 冒険
  • 生き物

【インドネシアでウミガメと泳ぐ】ギリトラワンガン島の旅

2019.07.02OJI

ウミガメと一緒に泳いできました! 一緒に海亀と泳ぎたい方、参考に今回の旅の詳細はこちらへどうぞ!!……

  • 冒険
  • 生き物

【インドネシアでジュゴン探し】ティモール島からアロール島へ

2019.08.12OJI

前回に引き続きオーストラリアに近いインドネシア・ティモール&アロール島でジュゴン探し旅の続きです。 旅前半ティモール島がどんな島か?を肌いっぱいに感じたく、 地底湖クリスタ……

  • 冒険

【バイクでウブドの旅】インドネシアのバリ島2泊3日

2019.07.02OJI

まいどOjiです 先日一人バイクでウブドに2泊してきました!! ウブドのイメージって舞踊や芸術に触れ、スリリングなラフティング、棚田やインスタ映えするブランコ そんな感じですか……

  • キッズホームステイ
  • 冒険

キッズホームスティ 3人のキッズがバリ島にやってきました

2019.09.23OJI

ここ数カ月立て続けにプログラムと動画の編集に時間を割いてしまい、ブログアップ出来ずに失礼しました。 先月キッズホームスティで沖縄から14~16歳のカノン、太陽、カナの3人がバリ島……

  • 冒険
  • 生き物

【ジュゴンに会いにいく】インドネシアのアロール諸島の旅

2019.08.15OJI

インドネシアで野生のジュゴンに出会いたく、ティモール島とアロール島の旅ブログ最後のアップです。 旅前半はティモール島をバイクで巡り 旅後半飛行機でアロール島へ飛び、 ……

インドネシアの島々

冒険時の注意事項

観光客が集わないごく普通で日常な所こそ、その土地本来のカラーが見える気がします。僕らは彼らからしたら外来生物のようなものです。僕らが立ち寄ることで、何かわかりませんが、今まであったその土地にあるバランスを崩してしまいかねません。

そこで守ってもらいたいことが幾つかあります

  1. 絶対にその土地、その人たちに対して、お邪魔します。失礼するという気持ちを持つこと
  2. 何が起こるかわからないからこそ面白い。そんなワクワクした冒険を一緒にしたいものです。どんなことが起こったとしても、ポジティブに考えられる人
  3. 無理をしないけど、挑戦してみることも 人生何事もアクション! 少しだけでもチャレンジ精神がある人 僕も含め身の丈10cmを目指します 
  4. 全ての行動を自分の責任の下で冒険できる人
  5. よって海外旅行傷害保険に加入している人

他にも記述しなければいけない約束事は考えれば山のようにありますが、自分で考え行動しながら、一緒に冒険できる そんな企画を目指したいと思います。

© OJI EXPLORER All Rights Reserved.